日本古来から愛される保存食である漬物の、日本各地で作られているものの数々をご紹介。

松前マグロキムチ

こんばんは、燃えPaPaです。

少々歴史が浅いながら、ブランドマグロを用いた極上海鮮漬物の、
松前マグロキムチ

です。

津軽海峡で揚がる天然の本マグロを鮮度が落ちる前に船上で活き〆にし…

国産の菜の花と一緒にキムチ漬けにしたのが、上野屋の本マグロキムチ。

本マグロの旨みとキムチの辛さに、菜の花の食感やほのかな大葉の風味が自慢のご飯の友で…

テレビでも紹介されているという話題の名産品です。


燃えPaPa

はさみ漬け

こんばんは、燃えPaPaです。

北海道の大地の恵みのお漬物

はさみ漬け



です。
ダイコンもしくはハクサイで、海産物とニンジンなどを挟んで作る漬物。古くから北海道の漁師町で愛されていた漬け物で、サケで作るはさみ漬けやカニで作るはさみ漬けなど様々な種類がある。
海産物などは北海道はおいしく、よくとれる土地柄なので、向いているお漬物です。

燃えPaPa

ねぶた漬

こんばんは、燃えPaPaです。

青森県の地元人気の定番お漬物、ねぶた漬です。



海の幸(数の子、するめ、昆布)と、山の幸(大根、キュウリ)の醤油漬けで、
ごはんのおかずとしても、お酒の肴としても絶品と、地元、内外問わず人気です。

燃えPaPa


にしん漬

こんばんは、燃えPaPaです。

北海道ならではの、大量に獲れるにしんを用いたにしん漬けです。



鰊漬け(にしんづけ)は、身欠きニシンと米麹を利用することを特徴とする、日本の漬物である。
北海道の冬季の保存食であり、晩秋の季節になると漬け込む家庭が多い。身欠きニシン、キャベツ(札幌大球キャベツ)、ダイコン、白菜、ニンジンなど具だくさんのものがポピュラーである。

燃えPaPa

鮭ルイベ漬け

漬物というにはほぼ海鮮ですが、
北海道名産の鮭を、いくらなどと混ぜて、特製ダレに漬け込んだものが「鮭ルイベ漬け」です。




うま過ぎてごはんが進むと評判の、北海道ならではの海鮮漬物です。

燃えPaPa