日本古来から愛される保存食である漬物の、日本各地で作られているものの数々をご紹介。

かぶら寿し

こんばんは、燃えPaPaです。

今回は石川県からひとつ、魚介を用いたおいしいなれ寿司の、
かぶら寿しです。


かぶら寿司(かぶらずし)は、かぶらに切り込みを入れてブリやニンジンなどを挟んで発酵させたなれずし。
石川県の加賀地方産のものが全国的に有名だが、富山県西部など、能登地方を除く旧・加賀藩の地域で広く作られる。

金沢の冬季を代表する料理の一つであり、正月料理とされる。
独特のコクや乳酸発酵による香りがあり、酒の肴としても知名度が高い。
野菜を一緒に漬け込む事から飯寿司にも分類されるが、ハタハタ寿司など東北地方の飯寿司と比べると野菜の比率が高く、漬物に近い。

ハスカップ大根漬け

苫小牧市の市花にもなっているハスカップで大根を漬けた、
甘味と香りの楽しい大根のお新香のようなお漬物です。


夕張メロン漬

北海道らしい食材のお漬物で、
でも驚きなのが、

夕張メロン漬

です。



甘くて人気の夕張メロンを、まさかの醤油漬けにした、
驚きの逸品です。
ただ、夕張メロンといっても、主に若いうちに間引きした実を使っているので、
まだ甘さはほとんどなく、きゅうりの漬物のような味わいです。

燃えPaPa

松前マグロキムチ

こんばんは、燃えPaPaです。

少々歴史が浅いながら、ブランドマグロを用いた極上海鮮漬物の、
松前マグロキムチ

です。

津軽海峡で揚がる天然の本マグロを鮮度が落ちる前に船上で活き〆にし…

国産の菜の花と一緒にキムチ漬けにしたのが、上野屋の本マグロキムチ。

本マグロの旨みとキムチの辛さに、菜の花の食感やほのかな大葉の風味が自慢のご飯の友で…

テレビでも紹介されているという話題の名産品です。


燃えPaPa

はさみ漬け

こんばんは、燃えPaPaです。

北海道の大地の恵みのお漬物

はさみ漬け



です。
ダイコンもしくはハクサイで、海産物とニンジンなどを挟んで作る漬物。古くから北海道の漁師町で愛されていた漬け物で、サケで作るはさみ漬けやカニで作るはさみ漬けなど様々な種類がある。
海産物などは北海道はおいしく、よくとれる土地柄なので、向いているお漬物です。

燃えPaPa