日本古来から愛される保存食である漬物の、日本各地で作られているものの数々をご紹介。

にんにく漬け

こんばんは、こうちゃんです。

こちら、国内のにんにく生産量において、圧倒的なシェアを持つ青森県の名産お漬物である、
にんにく漬けのご紹介。

にんにくの薄皮をひとかけずつ剥き、一週間ほど酢に漬けた後、醤油に(好みでみりんや唐辛子を入れて)漬け込む。
麹味噌などに漬けて、味噌漬けにすることも。

最近でこそ、にんにくは日本の食卓にも広く受け入れられ、食材として使われていますが、
クセが強いのもあり、元々和食にはあまり使われず、
もっぱら生産地の青森での地元消費の多い保存用お漬物でした。

漬けてもなおピリッとした独特のにんにくの辛みが食欲を増してくれるおいしいお漬物です。

こうちゃん

こってりおいしい奈良漬け

こんばんは、こうちゃんです。

今回は奈良名産のお漬物、奈良漬けをご紹介。

---
奈良漬け(奈良漬、ならづけ)とは白うり、胡瓜、西瓜、生姜などの野菜を塩漬けにし、何度も新しい酒粕(さけかす)に漬け替えながらできた漬物である。

よーく漬け込むことで、野菜のシャキシャキした食感はなくなっていますが、酒粕の影響で、こってり濃厚なお漬物に仕上がっています。
若干酒の風味、酒粕の味が苦手な人には合わないかもしれませんが、
今や定番のお漬物のひとつとなり、全国的にも普通に食べられるお漬物になっています。




こうちゃん

山わさび粕漬け

こんばんは、こうちゃんです。

こちら、調味料としては全国でも食べられている、山わさびを用いたお漬物、
山わさび粕漬けです。
山わさびとは、西洋わさび、ホースラディッシュとも呼ばれ、ツーンとくる刺激的な辛さが特徴で、
北海道の名産になっています。
そんな山わさびの内、そのまま出荷できないような、規格外品などを使い、
細かく刻んで、地元で獲れるお野菜の、大根、きゅうり、にんじん、ゴボウなどと混ぜ合わせて、
酒粕で漬け込んだ濃厚なお漬物になります。

漬けても辛味はほとんど消えず、独特のツーンとくる刺激が箸を進めてくれます。
なかなか食べる機会もありませんが、北海道の物産展などで見かけたらぜひどうぞ。

こうちゃん

金婚漬

こんばんは、燃えPaPaです。

金婚漬とは、岩手県の郷土漬物で、
かりもり瓜に詰め物をし、味噌漬または醤油漬した岩手県の伝統漬物です。
中の詰め物には、大根やニンジン、ゴボウ、紫蘇など、それらを昆布で包み、くりぬいた瓜に詰めて漬物にします。
多様な野菜の旨味が堪能できる、食べ応えのある人気のご当地漬物になります。



燃えPaPa

多彩な食材のハーモニーでカレーのお供の定番福神漬け

こんばんは、こうちゃんです。

今やカレーのお供の定番漬物で、家庭でも、外食のカレーショップでも、
どこでも食べられている福神漬けのご紹介です。

定義としては、

福神漬(ふくじんづけ/ふくしんづけ)は、非発酵型の漬物の一種で、ダイコン、ナス、ナタマメ(鉈豆)、レンコン、キュウリ、シソの実、シイタケまたは白ゴマなどの7種の下漬けした野菜類を塩抜きして細かく刻み、醤油と砂糖やみりんで作った調味液で漬けたもの。「ふくじんづけ」と呼ばれる場合が多いが、「ふくしんづけ」と呼ぶ地方もある。
--wikipedia参照

ほとんどのお漬物が、一種の野菜を漬け込んで発酵させて食べるものが多い中、
この福神漬けは、7種ほどの野菜、植物を合わせて作っており、発酵もさせないタイプなので、
多様な食材の味、食感が楽しめます。
また調味料に砂糖やみりんといった、甘みを出すものを多く使うため、ほんのり甘く、
辛さがうまさになるカレーの添え物にすると、その味の対比で口の中がさっぱりとして、
いつまでもおいしく食べ続けられると、今やカレーと切っても切れないセットな添え物となっています。

もちろん福神漬けそれだけで食べてもさっぱりおいしいお漬物で、
お弁当の端に添えてもいい味わいです。



こうちゃん