日本古来から愛される保存食である漬物の、日本各地で作られているものの数々をご紹介。

またまた方向変換

こんばんは、
燃えPaPaです。

さんざ方向変換を繰り返したブログで、これまた方向変換で申し訳ないのですが、
このたび、このブログ、

漬物の特集ブログ

に生まれ変わらせようと思います。
前のITの内容から派手に内容が変わってグルメな内容ですいませんが、

前ほどウェブマスター攻略の需要が高くない
(相対的に他に注力するものが多すぎる世の中になってきた)
ことや、
個人的にグルメブログ系の方が書きやすいことなどで、
このたび派手に変更になりました。

読み続けてくださっていた方にはすいませんが、
内容的にはお役立ち、おもしろなブログにしていこうと思いますので、
どうかまたご覧になってみてください。


燃えPaPa

ウェブマスターツール登録条件その1

こんばんは、
燃えPaPaです。

先日より紹介しております、
ウェブマスターツールですが、

便利な機能が多々ありますが、
当然ですが、その各種情報を取得できるサイトには条件があります。

でないと、もし誰でもどのサイトに対してもウェブマスターツールを登録できてしまったら、
世間で人気のサイトを参考にしようと、
勝手に人のサイトを登録してしまうことができますので。

そうしたことがないように、
ウェブマスターツール登録時には、
本人がそのサイトの所有者で、
操作権限があることを証明する必要があります。

その証明ができて初めてツールを登録し、
そのサイトに関する大事な情報の数々を入手することができるようになります。

その実際の所有者としての登録方法などは、
次回にでも解説していきます。


燃えPaPa

ウェブマスターツールとは その2

こんばんは、燃えPaPaです。

前回説明しましたウェブマスターツールの概要に加え、
もう数点メリットを紹介しておきます。

以前の解説のような、
各種サイトのデータに加え、

例えば、
作りたてのサイトは通常、設立してからしばらくはGoogleのクローラーが回ってこず、
インデックスされず(Googleのサイト情報のデータベースにデータが入らない)、
結果、検索結果に表示されない状態が長く続いてしまうことがあります。

通常、このGoogleのインデックスに関してはこちらからはたらきかけできませんが、
ウェブマスターツールに登録してあるサイトの場合」、管理画面の中の、
サイトマップを送信、というメニューから、自身のサイトに、もしsitemap.xml等、サイトマップを作っている場合、
いち早くサイトがインデックスされ、また、サイトの構造が複雑ですと、下層ページのインデックス漏れが起きることもありますが、
それも防いでくれるようになります。

 
このように、
新サイト・ブログを立ち上げた場合、なるべく早くウェブマスターツールに登録することをオススメします。

デメリットといえば、
サイト情報が丸見えになってしまうことくらいですが、
それも、検索結果がよりよくなるためであれば、ほとんどがほっといてGoogleがウェブ上から収集する情報と大差ないですし、
かまわないかと。


燃えPaPa