日本古来から愛される保存食である漬物の、日本各地で作られているものの数々をご紹介。

にしん漬

こんばんは、燃えPaPaです。

北海道ならではの、大量に獲れるにしんを用いたにしん漬けです。



鰊漬け(にしんづけ)は、身欠きニシンと米麹を利用することを特徴とする、日本の漬物である。
北海道の冬季の保存食であり、晩秋の季節になると漬け込む家庭が多い。身欠きニシン、キャベツ(札幌大球キャベツ)、ダイコン、白菜、ニンジンなど具だくさんのものがポピュラーである。

燃えPaPa

鮭ルイベ漬け

漬物というにはほぼ海鮮ですが、
北海道名産の鮭を、いくらなどと混ぜて、特製ダレに漬け込んだものが「鮭ルイベ漬け」です。




うま過ぎてごはんが進むと評判の、北海道ならではの海鮮漬物です。

燃えPaPa

松前漬け

こんばんは、燃えPaPaです。

こちら、北の大地北海道発祥の人気お漬物、松前漬けです。



北海道の松前郡松前町周辺が発祥とされる郷土料理。
もとは豊漁で余りぎみだった数の子にスルメと昆布をあわせて塩漬けにするものだったが、時代とともに数の子が高級品となり、スルメと昆布をメインにしたものが増えていった。

海産物の旨味たっぷりの漬物で、今では全国的に取り扱われ、人気のお漬物のひとつですね。


燃えPaPa



トランポリンやるなら神奈川のグラビティゼロ

こんばんは。

先日オープンしました、フリーでトランポリンができる素敵な施設

神奈川県のグラビティゼロ

です。
こちら、通常会員制のクラブチームなどでしかできないトランポリンを、
なんとブラっと訪れたどなたでも自由に飛べるというすばらしい施設になっております。

どうぞこの新スポーツトランポリンにご興味ある方は行ってみてください。

北海道のお漬物

こんばんは、燃えPaPaです。

北海道のお漬物の特徴は、
北海道の気候や土地柄がよく出ています。
農作物、海産物ともによくとれる大自然豊かな土地なので、
その双方をよく使ったお漬物が見受けられます。

また、極寒で外に出られないような時期が長いため、
あたたかい時期に大量にとれた食物を漬物にして長期保存、
冬場に食べられるように工夫したものが多く生み出されています。

実際にどんなお漬物があるかはまた次回から徐々にご紹介していきます。

燃えPaPa